スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

福島県議会選挙公開アンケート

福島県議会選挙候補者に「モニタリングポストの継続配置」に関する公開アンケートを実施しました。

 第19回県議選は、10月31日告示、11月10日投票。定数58人に対して75人が立候補を表明しています。市民の会では、立候補予定のみなさまに往復はがきでアンケートを送付いたしました。水害の中での選挙準備、ご多忙な中にも関わらずお答えいただいたみなさま、本当にありがとうございました。返信がまだのみなさま、これからでもぜひ下記2つの設問に回答くださいませ。
メールアドレス:monitoringpost.shimin@gmail.com

**********

■アンケートはがき
 私たちは、昨年3月、原子力規制委員会が発表した「モニタリングポスト( リアルタイム線量計) の撤去方針」に対し、原発の廃炉が完了するまで撤去しないよう求めている市民の会です。
 方針発表後、市民も行政も一丸となって継続配置を要望してきました。その結果、今年5 月29 日に「当面、存続」という新たな方針が決定。しかし、原子力規制委員会は「撤去方針の考えに変わりはない」とも表明しています。「当面」がいつまでのことを指すのか、不安もぬぐえません。
 この度、行われる選挙に際しては「候補者のモニタリングポストに対する見解を知った上で投票したい︕」と考えております。そこで「公開アンケート」を行わせていただくことにしました。返信用のはがきに回答をご記入いただき、10 月25 日までにお送りいただきますようお願い申し上げます。
 なお、頂戴いたしました回答は、当会ブログで公表し、有権者の判断材料とさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。




福島県議会選挙公開アンケート 福島市(定数8-10) 西山 尚利 自民 現3 C 市町村や地域住民の理解を得ながら進め、地域の実情を十分に考慮することが必要。 A 佐藤 雅裕 自民 現2 C 地域の実情を十分に考慮しながら、関係市町村、住民の理解を得ながら進めることが求められる。 ― 丹治 智幸

最新の投稿